コロナ予言の岐阜新聞がヤバイ?30年前の予測は偶然かこじつけか

30年前の岐阜新聞がヤバイ?その予測は偶然なのかこじつけなのかネット上で話題になっています。

ネット上にあげられた一枚の新聞、それは岐阜県の30年前の新聞でした。

人類の半数が伝染病にかかるという内容の新聞なのですが、2020年の現在になって。全くその通りの状況となっているので、コロナを予言したのではないかと話題となっています。

30年前の岐阜新聞がヤバイ?というネット上の声と、この予測は偶然なのかこじつけなのか真相を調査していきました。

スポンサーリンク

コロナ予言の岐阜新聞がヤバイ?

まさに現在の状況を、そのまま予言したかのような30年前の岐阜新聞。

そのやばい内容とは?早速見ていきましょう!

コロナ予言の栃木新聞がヤバイと話題!

30年前の1995年5月2日付の岐阜新聞は見出しに大きく「2020年、人類の半数が伝染病に」

紙面内容は世界保健機関(WHO)がまとめた地球温暖化による、人類への健康被害の予測だそうです。

細かなところは相違点がありますが、大きく分けて3つのポイントが予言してたかのように感じられます。

予言と感じさせる内容とは

30年前の岐阜新聞には、全世界でマラリアなどによって、全世界の半数に伝染病が流行すると書かれて上、大気オゾン層の破壊で人類の免疫力が低下すると紹介されています。

この記事のキーワードは2020年大流行中の「コロナウイルス」を思わせますよね。

  • 2020年
  • 免疫力低下
  • 伝染病

この真実を目の当たりにした皆さんは、驚きを隠せないのではないかと思います。

この予測は偶然なのか、こじつけなのか真相について次の項目で見ていきましょう。

スポンサーリンク

コロナ予言30年前の予測は偶然かこじつけか

この記事はコロナ予言なのでしょうか?

30年前の予測は偶然かこじつけか真相を見ていきましょう。

コロナ予言?30年前の予測は偶然でもこじつけでもなかった?

コロナ予言をしたかと思わせる30年前の栃木新聞。

ネットユーザーの見解では「当たり過ぎて怖い」という意見が大半ですが、実際にウイルスを発生させるために人間が作ったのではないかという声もあります。

にしても2020年と数字を的中させたのは凄いと感じますね。

中国のネットでは、ドラえもんが答えだと言われているようです。

中国のネット上では

この30年前の岐阜新聞に対し、中国のネットユーザーの間では「的中する部分があるから信じる」という声や「科学的な根拠はないから信じない」という声もあります。

漫画のドラえもんでは、出木杉くんが「予言なんて信じない」という言葉があり、ドラえもんが既に答えを出しているという声に最も多くの賛同を得ているようです。

では、この新聞に対して日本ではどのような反応を見せているのでしょうか。

日本のネット上では

実は30年前から伝染病が流行るように計画をしていたのでは?という声や、驚きを隠せないWHOは的中!という声もありました。

予測や予言を信じるかは皆さんの考え方次第ですが、話のネタとしてかなりの破壊力があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コロナ予言の岐阜新聞がヤバイ?30年前の予測は偶然かこじつけか まとめ

コロナ予言の岐阜新聞がヤバイ?となっている真相を調査していきましたが、はっきりとした真相は明らかにされていません。

30年前の新聞にこのような内容があったとは知らなかったですね。

予測として様々な見解を述べる人はいますが、ここまで当たっていると信じたくなる気持ちにもなります。

タイトルとURLをコピーしました