新月に財布を月光浴する意味は?金運アップにすると良いこと

新月は、『スタート』や『新たに始まる』とよく言われますよね。

月には、目に見えない不思議なパワーがあって、とても神秘的です。

新月や満月に願い事をするのは、皆さんもよくご存知だと思いますし、金運アップの為にお財布を月光浴をさせると言うこともきっとご存知でしょう。

しかし、詳しい方法は諸説あるので、どんな方法を用いたらよいのか悩むところではないかと思います。

お財布を新月に月光浴させる意味や、金運アップの為にすると良いことを調べてみました。

スポンサーリンク

新月に財布を月光浴する意味とは

新月から満月に至るまでの月の満ち欠けでパワーの意味も違ってきます。

新月は、”new moon”だけに『スタート』や『始まり』を意味しますよね。

新月は浄化をするタイミング

これまでのネガティブな感情を手放して浄化すると言うことも起きたりするので、体調不良になったり、気分が落ち込んだりする人もいるようです。

新月の空は、晴れていれば星が綺麗に見えるというので、しばらく星空を眺めながら佇むのも自分自身の浄化にも繋がってスッキリするかも。

神秘の力を借りて、月光浴を良い機会と考え、新たなスタートを切ってみませんか。

スポンサーリンク

新月に財布を月光浴するとどうなる?

新月の日に、お財布を月光浴させる意味は、新月のパワーをお財布に込めること。

それでは、新月にお財布を月光浴するとどうなるのでしょうか。

新月にお財布の月光浴するとエネルギーアップ?

これから、『始まり』そして『成長』していくという意味から、お財布に入ってくるお金を引き寄せることに繋がると考えられているからです。

『引き寄せの法則』を知る人は、よく『お金はエネルギー』だと言いますよね。

お金が、持っている人の感情やエネルギーに左右されるのなら、やった方が良いと言われることは、全部やってみると良いかもしれませんよ。

ポイントもあるのでしっかり確認してみましょう。

新月に月光浴するのはいつがいい?

お財布の月光浴は、実は新月でも満月でも良いとされているのですが、月光浴の方法が異なるので注意が必要です。

新月のお財布の月光浴は、新品で中身を入れずに空のまま、新月のその日にするということ。

新月のパワーを込めて、満月に向かう成長の氣をお財布に集める感じでしょうか。

月光浴する時間は、ほんの15秒程度で良いそうなので簡単ですよね。

満月に向かってだんだんと、月のエネルギーでお金が引き寄せられていく、そんなイメージを持つと良いかもしれませんね。

ちなみに満月では、お財布にお金やキャシュカードを入れて月光浴すると、お金を増やすパワーが授かるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

新月に財布を月光浴して金運を上げる方法は?

金運アップに月のパワーを授かる為に、月光浴をすると良いというのがわかりました。

お財布は、新品を準備して、中には何もいれずに新月のその日にという事でしたね。それでは、その他に金運アップの方法はあるのでしょうか。

きっと、皆さんもご存知なお財布について見ていきましょう。

金運アップの財布の種類は?


ストア SANEIbd

お財布は新品が良いとされますが、種類はどうなのでしょうか。長財布なのか二つ折り財布なのかという点ですが、結論はどちらでも良いようです。

ただ、世の中の社長さん達のお財布を見てみると、長財布が多いのは確かですよね。しかも、お札と小銭は分けていたり、お財布を大切に扱っていますしね。決して、ズボンのお尻のポケットには入れていないと思います。

と言うことは、お財布を月光浴して新品のお財布を持つタイミングも大切ですが、日頃の扱い方も大切ということになりますね。

金運アップの財布の色は?

風水では、部屋の西側に黄色のモノを置くと金運アップとか言いますが、お財布の色にも意味があるのはご存知ですよね。

ご自分の好きな色や柄で選ぶのも良いのですが、色の意味を知っておくと、さらに金運をアップに効果が期待出来るかもしれません。

①赤色

赤は炎をイメージするのでお金を燃やす色とされたり、『赤字』を意味したりするのでお財布には良くないとされています。

②青色

青は『水』をイメージするので、『水に流す』ということから、お財布の色には好ましくないとされています。

③緑色

風水的に見ると、色自体には大きく金運を呼び込む色ではないのですが、着実で堅実、運が伸びるとされているので結果的には金運はある色と言えると思います。深い緑は、昔の『金庫』の色なので、そういう意味でも堅実ということでしょうか。

④白色

白は浄化を意味する色で、お金の状況がマイナスになっている人が持ちたい色でもあります。マイナスを浄化してくれる、精算してくれるという考えからですね。

⑤黄色

風水的には、良い色のイメージですが、お財布の色としては黄色が強いと『陽気』にお金も出ていくということで、出て行くお金に気がつかないと言われています。黄色を選ぶなら淡いパステル調か、クリーム系の黄色が良さそうです。

⑥茶色

茶色は濃いほど貯め込む力が強いとされるので、自然とお金が出て行きにくくなるそうです。ベージュやキャメルなどの色も生み出す力や貯める力を持っているとされています。

⑦ピンク

おごってもらえたり、プレゼントを貰ったりと『棚ぼた』的な運気を発揮するそうです。淡いピンクは、益々ちやほやされそうな雰囲気です。

⑧黒色

黒は『保守』的な色で、守りが強い色とされます。お金を増やすというより、ある程度財力のある人が持つと支出を防ぐとされています。増えも、減りもしない色ということでしょうか。

⑨紫色

高貴な色としてのイメージが強い色ですね。これから財を築いていくという色なので、自営の人や、自分の仕事で稼いでいくという人が持つと良い色ですね。

⑩ゴールド・シルバー

メタリックカラーもお金を増やす力があるとされます。ゴールドは、『潔くお金を使う人』に向いていて、使うと入ると言うお金の循環が良くなる色です。シルバーは、いつの間にか知らず知らずお金が増えて行くという色で『使う』より、『増やす』ことに焦点をおいている人に向いた色になります。

色の持つパワーを知っておくと目的に応じた金運アップも期待出来そうですね。

また、新月に宝くじの当選を願う書き方も具体的にやってみるとよいかもしれません。

 


\ストア SANEIbd/

金運アップの為にお金を浄化する

お金は、人々の間を巡り自分のところにやってきます。色んな人の思いがお金に込められているので、『邪念』があると言われ、その『念』は凄まじいとさえ言われます。

お金を使う時に、『お金出したくない』とか『お金がなくなる』とか思うと、そのネガティブな念をたくさん吸い込んでしまっているので、その『邪念』がたくさん入ったお金は、本来なら浄化してあげるべきなのです。

その凄まじい『念』のこもったお金をお財布に入れておくと、お財布自体が念の集まり場になってしまします。ある神社では、お金を洗ったりしますよね。

神社の脇に、湧き水があるような神水があれば、その神水でお金を洗って浄化し、お財布に入れるとさらに運気はよくなるはずです。

お札はアイロンで、ピーンと伸ばして綺麗にするという経営者を知っていますよ。

 

スポンサーリンク

新月に財布を月光浴して金運アップまとめ

新月にお財布を月光浴すると金運アップに繋がるというのは、おわかり頂けましたか。

様々な細かい点もありますが、自分が出来る範囲で行うと、金運アップも期待できるかも知れません。

毎月訪れる新月をうまく活用して、金運アップに繋げていけると良いですよね。

月の満ち欠けで異なる月のパワーを知ると、不思議に自然なエネルギーが湧いてきて素敵な毎日を過ごせる気がしませんか。

タイトルとURLをコピーしました