2020年今後の台風どうなる?9月以降の巨大台風上陸の可能性は?

2020年8月から台風が一気に増加していますが、気になる9月にも大型台風が日本上陸するのか心配な声が寄せられています。

お盆休みが終わり2020年今後の台風はどうなっていくのでしょうか。

気になる台風の今後の予報と、9月以降の巨大台風上陸の可能性についてリサーチしていきました。

スポンサーリンク

2020年今後の台風どうなる?

2020年8月から、台風が続出しています。

お盆明けとなった現在、台風はまた増えるのでしょうか。

気になる今後の台風の予報をみていきましょう!

2020年今後の台風は9月にかけピークに

2020年8月11日には台風6号が発生し、他にも台風の卵が日本列島の付近見られるようです。

気になる2020年今後の台風は、9月にかけピークが訪れ、台風発生数は例年並みの26個前後発生すると予想しています。

ニュースを見ると、台風の発生はこれから本格化していくのではないでしょうか。

気になる最新情報は気象庁の情報を随時チェックしていきましょう。

今後の台風予想進路

今後の台風予想進路は、8月末~長くても11月ぐらいまで、台風は発生し続け日本に上陸する可能性もあります。

まさに台風ラッシュの時期に突入となるでしょう。

日々40度を超す猛暑が記録されている日本で、強い西風が吹く事から、台風のたまごが大きく育ちやすい環境が整っているからです。

9月以降の台風はどうなるのか次の項目で見ていきましょう。

スポンサーリンク

9月以降の巨大台風上陸の可能性は?

猛暑が続いて台風ができる条件がそろっている今、9月以降の大型台風が日本上陸する可能性があるのか見ていきましょう。

9月以降の巨大台風上陸する可能性がある?

9月になると、日本の上空を強い西風が吹くようになり、台風はこの強い西風に乗って、速度を早めて北上する予想がされています。

そして日本列島で40度を超える猛暑が続いるせいで、近海の海水温も高くなり、台風が日本列島に近くにできる条件が揃っています。

今年更に進んだ温暖化によって、上陸する時は大型になる確率が高いでしょう。

次に、気になる台風上陸する場所はについて、見ていきましょう。

台風上陸する場所は?

太平洋高気圧の張り出しが弱くなり、日本に上陸すると可能性が高まる秋ごろ、日本列島の中で最も台風が上陸しやすいのは、鹿児島です。

また、高知、和歌山なども警戒が必要になってきます。

東日本では千葉県に台風が上陸する可能性もあると予想されています。

2020年の台風は一つ一つが巨大!そして北上に向かうと予想されますので、台風に慣れていない都心も警戒していく必要がありそうです。

スポンサーリンク

2020年今後の台風どうなる?9月以降の巨大台風上陸の可能性は?まとめ

2020年の台風は今後どうなるのか見ていきましたが、台風発生はこれからが本番となりそうですね!

現在も台風の卵が続々と出来ています。

9月にかけピークとなり、日本に巨大な台風が直撃する可能性があると予想されていますので、今できる台風対策をしていった方がいいかもしれません。

最新の情報を確認しながら、台風災害の対策をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました