2020年9 月の満月ハーベストムーンはどの方向?意味や願いは?

9月に見られる満月は「ハーベストムーン」と名付けられています。

そのハーベストムーンですが、2020年9月はどの方向で見れるのでしょうか。

そして月が満ちる満月は願い事をすると良いとされていますが、9月のハーベストムーンにはどんな意味があって、どんな願い事がいいのか気になりますよね。

そこで今回は、2020年9月の満月ハーベストムーンはどこの方向で見れるかと合わせ、ハーベストムーンの意味と願い事について見ていきましょう。

スポンサーリンク

2020年9 月の満月ハーベストムーンはどの方向?

9月の満月はとっても美しいと言われています。

2020年9月の満月「ハーベストムーン」はどの方向で見れるか、みていきましょう。

2020年9月の満月ハーベストムーンの方向は東の空に

国立天文台の暦計算室によると、2020年9月のハーベストムーンは午後2時22分、そして東の空に現れます。(中央標準時:JCST)

観測するには9月2日の夜が一番きれいに見えておすすめです。

詳しい時間帯と位置

  • 日の入り:午後6時7分
  • 月の出:午後6時30分
  • 月の入り:翌朝5時46分
  • 東京での日の出は翌朝5時14分(東京)です。

月は、西に太陽が沈んでまもない時間に東から登ってきます。

そして深夜2時22分にに空高く位置し、大きくきれいに見えそうです。

満月になる日の前後は朝方、夕方の空に太陽と月の幻想的なコラボレーションが見れますので、同時に観測するのもいいでしょう。

当日は晴れてくれると良いですね!

スポンサーリンク

2020年9 月の満月ハーベストムーンの意味や願いは?

2020年9月の満月に願い事をしてみましょう!

その前にハーベストムーンの意味を知っておくと、願い事も叶いやすくなりますよ。

2020年9月の満月ハーベストムーンの意味や願い

アメリカには元々農業暦(Farmers’ Almanac)というのがあり、季節や指標を知るため、満月に植物や動物、などその時期にあった名前が付けられています。

月を見ながら季節をイメージするというのは、ネイティブアメリカンらしい感じがしますね!

付けられた名前の意味を知ると「なるほど!」となります。

では、今回は「ハーベストムーン」について意味と願いを見ていきましょう。

ハーベストムーンの意味

ハーベストを訳すと「収穫」=ハーベストムーン「収穫月」となります。

9月は多くの食物が実り、人間にとって収穫の時期ですね!

名前の由来は日没後に農作業している人たちを、満月の月明かりで明るく照らす様子からとったそうです。

そして一年で最も珍しい満月の時期とも言われ、数晩、連続して日没近くに月が昇るのも特徴です。

長い時は1週間連続して夜中に満月が夜空を輝かせます。

ハーベストムーンの願い

ハーベストムーンの意味を知ったところで、叶いやすいとされる願い事をみていきましょう。

ハーベストムーンは、無償の愛を表す月でもあり、多様な環境を受け止める力が高まり、物事を受け入れられるようになると言われています。

そして芸術とも深く関りがあり、アートに関する願い事をする良いともされています。

願い事の仕方とは?

誰かを許したい、許されたい、受け止めたい、他にアートに関する願い事をしたい方は9月のハーベストムーンに願いのがおすすめです。

願い事をするには一度紙に書き、二度と見ないように書いた紙は破棄するという願い方がありますので是非試されてみては?

ハーベストムーンは他にも嬉しい願いを叶えてくれます。

ハーベストムーンで運気もUP?

ハーベスムーンは、運気UPにもいい満月!恋愛運金運UPすると言われています。

空っぽの財布を月明かりの前でふると金運UPにもなるようです。

恋愛運をUPさせたい方は、写真を見つめたり、携帯画面を好きな人に変えるといいかもしれません。

スポンサーリンク

2020年9 月の満月ハーベストムーンはどの方向?意味や願いは?まとめ

2020年9月のハーベストムーンは9月2日の深夜に見れることがわかりましたね!

連続して綺麗な満月が見れる、珍しい時期なので時間が許される限り満月を観測したいです。

するといい願い事は、愛や許しに関することです。

自分の心と向き合い、許しを得るのもいいかもしれません。

当日、9月のハーベストムーンが美しく見えることを願いましょう!

タイトルとURLをコピーしました